• ホーム
  • コンタクトでも使える花粉症に効果的なアレジオン点眼液

コンタクトでも使える花粉症に効果的なアレジオン点眼液

花粉症やダニ、ハウスダストなどの治療薬として用いられるのは抗アレルギー作用のある点眼薬やステロイドが含まれたもので効果が強いのが特徴なのですが、多くの点眼薬の場合塩化ベンザルコニウムという防腐剤が含まれています。

この塩化ベンザルコニウムは、本来逆性石鹸として殺菌や消毒用に用いるもので、オスバンなどの名前で逆性石鹸液として販売されており、塩化ベンザルコニウムは細菌の細胞膜のタンパク質を変性することができるので、この作用によって殺菌性を発揮しています。コンタクトレンズにおいては薬剤が腐敗しないように含まれているのですが、コンタクトレンズに吸着しやすい性質があり、しかもこの塩化ベンザルコニウムが吸着しているコンタクトレンズをそのまま使用してしまうと角膜上皮において障害を起こすことがあるので、防腐剤が含まれている点眼薬の場合、コンタクトレンズをしたまま点眼できないようになっているのです。なお、点眼薬に防腐剤が含まれているのは細菌の汚染を防ぐためであり、防腐剤である塩化ベンザルコニウムが多く使用されるのは保存効力がたたく、水に溶けやすい性質があるからです。

このような塩化ベンザルコニウムが入っていないアレジオン点眼液があります。アレジオン点眼液は2014年11月まではソフトコンタクトレンズを装用している時は点眼前にレンズを外して、5分以上たったら再装用するようにと記されていました。この点は他の点眼液と同じで、他の点眼液も10分以上おいてからつけるように記されています。ですが、2014年12月からはコンタクトを付けたままの点眼が可能になっており、製剤を改良したので塩化ベンザルコニウムが入っていないようになったのです。そのかわりホウ酸が含まれるようになりました。

アレジオン点眼液も1回1滴を1日4回点眼するようになります。パタノール点眼薬が1回1から2滴で1日4回の使用ですので使用方法に違いはありません。

ただし、アレジオン点眼液の薬価は大変高く、パタノール点眼液と比べると2倍ほど薬価が高いです。もちろんジェネリック医薬品はありません。パタノール点眼液もリボスチンやインタールに比べると高いので、いかにアレジオン点眼薬が高いかがわかります。ただ花粉症の効果は大変強く、海外ではパタノール点眼薬よりもアレジオン点眼液を使用することが多いです。

花粉症の目薬は1日に4回朝と昼、夕方と就寝前に使用するようになっていることが多く、特に昼の場合はコンタクトをその都度外して点眼をしなくてはなりません。花粉症を発症すると目はデリケートな状態になるので、本来であればコンタクトレンズをしないほうが良いのですが、つけたり外したりする中で、さらに傷をつけてしまうことも考えられ、手を洗うなどの作業もしなくてはならないですし、使い捨てのものを使用している場合は費用もかさんでしまいます。こういったことを考えた場合、コンタクトレンズでも使えるアレジオン点眼液は大変魅力的な薬となっているのです。