• ホーム
  • 花粉症に効果的なパタノール点眼液は有効成分オロパタジンがかゆみを抑える

花粉症に効果的なパタノール点眼液は有効成分オロパタジンがかゆみを抑える

黄色の花粉

花粉症を治療する手段として、抗ヒスタミン剤などの抗アレルギー薬やステロイド薬を使用する対症療法と、減感作療法と呼ばれる根治療法があります。減感作療法はアレルゲンとなるものを少しずつ体内に摂りいれて体を慣らしていく方法ですが、現在のところスギ花粉にアレルギー症状を起こす人のみの治療法となっており、多くの場合は抗ヒスタミン薬などのアレルギー薬を使用する対症療法を行っています。近年では新しい薬もたくさん販売されており、自分の症状に合わせたものをより選べるようになっているので、花粉症のつらい目のかゆみや鼻水などを早期に改善することができるようになっていますし、副作用のわりに効果が高いものも多く販売されるようになっています。

パタノール点眼液に含まれている有効成分はオロパタジン塩酸塩です。このオロパタジン塩酸塩は、第二世代抗ヒスタミン薬の中の一つであり、アレルギー性結膜炎の治療として用いられています。パタノール点眼液がアレルギー性結膜炎に効果を示すのは、オロパタジン塩酸塩の抗ヒスタミン作用によって、放出されてしまったヒスタミンの働きを阻害し、ヒスタミンによって引き起こされてしまうアレルギーの症状を抑えるメカニズムを利用しています。さらなるメカニズムとしては、ヒスタミンが結合しやすいヒスタミンH1受容体を遮断するのですが、そのスピードは大変速いです。そして、オロパタジン塩酸塩には、ケミカルメディエーター遊離抑制作用があり、肥満細胞を安定させて、肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンといったケミカルメディエーターの遊離や放出を抑える作用もあります。このケミカルメディエーターの遊離抑制作用はすでにひどくなっている場合ではなく、アレルギーがおきた初期の段階で作用するので、予防としても使用することができるのです。なおケミカルメディエーターは化学伝達物質とも言われています。

パタノール点眼液の有効成分であるオロパタジン塩酸塩はステロイド薬ではないので、そこまで強力に改善することはできませんが、副作用がほとんどなく、長期的に使用しても大丈夫な薬です。パタノール点眼液は比較的軽い症状の改善に適しているので、目のかゆみや充血が重症化している場合は一時的にステロイド点眼薬と併用をして、症状が改善された段階でステロイド薬の使用をやめるとよいでしょう。

オロパタジン塩酸塩は内服薬であるアレロックにも含まれています。アレロックは第二世代抗ヒスタミン内服薬の中でもジルテックについで高い効果がある薬であり、早期に症状を軽減する力があります。もちろん成分が同じパタノール点眼液にも同じことが言えて、他の目薬よりかは効果が高いことがわかっています。

このような高い効果を得ることができる目薬ではありますが、正しく使用しないと十分に効果を発揮することはできません。1回1から2滴という使用方法をしっかりと守るようにしましょう。