• ホーム
  • 花粉症に効果的なパタノール点眼液は通販で買うとどのくらいの値段?

花粉症に効果的なパタノール点眼液は通販で買うとどのくらいの値段?

薬を飲む女性

パタノール点眼液の主成分はオロパタジン塩酸塩で、選択的ヒスタミンH1受容体拮抗剤であるので、アレルギーの症状を引き起こしてしまうヒスタミンなどの化学伝達物質の産生と放出を抑える抗ヒスタミン作用と、抗アレルギー作用によって症状を和らげることができます。通常はアレルギー性結膜炎の治療に用いられており、他の目的では使用されていません。

花粉症の場合多くの人が感じる症状に目のかゆみがあります。鼻水に匹敵するほど多くの人が感じている症状で、大変つらく、目のかゆみによって目が良く開けられないなどの症状も出てきてしまいます。ですがパタノール点眼薬を使用することである程度ひどくなっている目のかゆみに効果を示すことがあるので、気軽に使用したいと感じますが、パタノール点眼液の場合、市販薬は存在せずドラッグストアなどでは販売されていません。ですので、ドラッグストアをのぞいてみても販売されていないのです。

ですが、海外で販売されているものにIF2点眼液というものがあります。このIF2点眼液はパタノール点眼液と同じオロパタジン塩酸塩が主成分であり、花粉症やアレルギーによる目の充血やかゆみ、涙目といったものを和らげていきます。もしパタノール点眼液を使用したい場合は海外から取り寄せをする個人輸入を行うと良いでしょう。個人輸入を利用する場合は海外との取引となるため難しいので、代行して行っている通販会社を利用すると簡単です。通販会社では薬を買い物かごの中に入れるだけで購入できる手軽さがあり処方箋も必要ありませんので、パタノール点眼液を通販する感覚で利用することができます。

個人輸入代行通販サイトでパタノール点眼液を購入した場合、5mlが5本入って1万円ほどになります。市販薬は存在しないため比べることはできませんが、処方薬と値段の比較した場合、処方箋料や薬の管理料などを入れてもやはり値段的には高めです。そして医療費控除などを受けるとすると、さらに処方薬の方が安く済むことがあるのですが、パタノール点眼液のジェネシック医薬品を購入した場合は1本あたり千円ほどとなるので、格安になります。

とはいえ、花粉症が流行する時期は風邪が流行する時期でもありますし、眼科は季節を問わずいつでも混みあっています。薬を数本もらうだけでも何時間も待つこともあり、時間を拘束されることも多く日常生活に支障が出てしまうこともでてきます。このような場合は、通販を利用したほうが良く、自分の好きな時間に注文をして自宅まで郵送されるので、時間的な拘束はありません。

もちろん、パタノール点眼液自体を販売しているので、効果の差はありませんし、仮にジェネリック医薬品を使用したとしても成分も含まれている量も同じであるので、効果はかわりません。ただ、個人輸入の場合は、海外から取り寄せるので、すべて自己責任となります。通販サイトにはメリットの他にデメリットもしっかりと書かれているので、読み込んでから購入を検討するようにしましょう。