• ホーム
  • 花粉症に効果的なパタノール点眼薬は眠くなる?

花粉症に効果的なパタノール点眼薬は眠くなる?

第二世代抗ヒスタミン薬の成分が含まれているパタノール点眼液は、効果が高いので、主に通年性や季節性のアレルギーの治療薬として用いられることが多いです。花粉が侵入するとどうして目のかゆみが起こるのか疑問に感じることがありますが、目の粘膜に花粉が付着すると、体を守っている免疫細胞の働きが活発になり、なんとかその花粉を追い出そうとします。追い出そうとする過程で、免疫細胞である肥満細胞からヒスタミンと呼ばれる化学伝達物質が放出され、目の知覚神経や目の毛細血管を刺激して炎症がおきるのです。知覚神経が刺激された場合は、充血とかゆみが、毛細血管が刺激された場合は充血がおきています。

このような症状が出ないようにするには、悪化しないうちに対症療法を行うことが大切です。対症療法として使われるものには、ヒスタミンH1受容体拮抗薬と、メディエーター遊離抑制薬そしてステロイド点眼薬などがあります。この中でもっとも使われているのがヒスタミンH1受容体拮抗薬であり、第二世代抗ヒスタミン薬とも呼びます。

パタノール点眼液は抗アレルギー作用のある点眼薬の中でも、大変効果があり、花粉症の治療薬で使われることがあるのですが、副作用に頭痛や眠気、目のしげきや乾燥、角膜炎や眼痛、眼瞼炎や眼瞼浮腫などがあります。本来であれば、こういった症状を止める作用をするのですが、まれに眠気が生じることがあるのです。パタノールの有効成分はオロパタジン塩酸塩で、オロパタジン塩酸塩の副作用としては眠気が出ることが多く、特に経口としてオロパタジン塩酸塩を使用したときに高くなっています。

パタノール点眼液は目に直接有効成分をたらすので、このような副作用が起こることはまれではあります。ですがパタノール点眼液の説明書では、眠気が少し起こる可能性があり、実際に眠気が起きている人も数パーセント存在しています。外用で使用するので、副作用はないか、もしくは少しある程度ですので、比較的安全に使用できるのです。

眠気はさほど起きないため、説明書でも車の運転を控える、もしくは注意して運転をするなどの記載はされていません。つまり花粉症の症状を和らげる効果がありながら、眠気などの副作用は少ないということがわかります。ですので、生活をしていても支障になることは少ないのです。

とはいえ、副作用の出方も個人差があり、全くでない人もいれば少しの刺激でも感じてしまう人もいます。そして眠気というのは、生活習慣に作用されることが多く、体調が優れない場合も眠気は生じてしまいます。眠気がパタノール点眼液の使用で起きているかどうかは、規則正しい生活をしてみて比べると良いでしょう。もし、パタノール点眼液によって副作用が起きている場合は有効成分が違うものに変える必要があります。他の人にとって効き目があっても自分にとって効き目があるのかどうかはわからないので、医師と相談をして、必要ならば早めに有効成分を変えることも大切です。