• ホーム
  • 花粉症の症状が重たい場合はパタノールとステロイド点眼薬の併用も

花粉症の症状が重たい場合はパタノールとステロイド点眼薬の併用も

花粉症の症状は個人差があり、しかも花粉の飛散量によっては自分自身の症状も毎年異なることが多いです。鼻水やくしゃみ、鼻づまりや目のかゆみといったことが起こりますが、特にひどくなるのは鼻水と目のかゆみで、この2つは同時に起こることがあります。このような症状を抑えるには抗ヒスタミン薬を使用してかゆみの原因となるヒスタミンを抑えなくてはなりません。

花粉症などのアレルギー症状は季節性アレルギー性結膜炎と呼ばれ、目のかゆみや充血、涙目が主な症状となります。季節性アレルギー性結膜炎の場合は、アレルギー反応によって起きてしまうので、抗アレルギー剤である抗ヒスタミンを利用します。主にパタノール点眼液やアレジオン点眼液を使用しますが、さらに症状がひどくなってしまった場合はこれらの抗ヒスタミン薬の他に、ステロイドの点眼を併用することが多いです。

ステロイドと聞くと副作用を心配する人が多いのですが、実際に目に使用するステロイドは外用薬として使用するのであって、体内の中に多く成分が移行されるわけではありません。そのため副作用が出ることは少ないです。逆に炎症を早く沈めてくれるので、かゆくて仕方がないといった場合はパタノール点眼液とステロイド剤を使用して早期に改善をしたほうが良いのです。炎症の状態をそのままにしておくと、さらに悪化してしまうことがありますし、無意識のうちに目をこすったりさわったりして他の感染症にかかるリスクも高くなるからです。きちんと使用方法を守っていれば副作用が出ることはないので、自分の判断で使用したりしなかったりということはやめるようにしてください。

ステロイド剤が含まれた点眼薬にはリンデロンやサンベタゾンなどがありますが、どの薬と併用するかは症状によって異なりますし、眼科の医師の考え方によっては処方されないこともあります。だいたいの場合は抗ヒスタミン薬とステロイドの併用を行うことが多いです。そしてステロイド点眼薬の場合、短期間であれば副作用が出ることは少ないです。数週間など長期にわたって使用するとまれに眼圧が上がったり、白内障の症状が出たりすることがありますので、もし長期で使用する場合は定期的に眼圧を測るとより安心です。

花粉症は多くの人が感じている症状であります。眼科においては抗ヒスタミン剤が含まれた点眼薬とステロイド点眼薬、そして抗アレルギー内服薬を使用して治療を行うことが多いです。抗アレルギー内服薬は点眼薬を使用してもあまり効果が出なかった場合に用いられており、ステロイドの剤を使用しても効き目が弱い場合に処方されることがあります。このタイプの点眼薬は使い方を間違えなければ決して怖い薬ではありませんし、もちろん副作用が出ることも少ないです。パタノール点眼薬だけでは改善しなくても他の薬剤と併用することで症状が軽減されていくので、あまりにひどい場合は併用を考えていることを医師に相談しても良いでしょう。